2020.08.04

【プレスリリース】エール!FUKUOKA テイクアウト事業 第2弾となるフードトラック事業連携がスタート!!

 福岡地域戦略推進協議会(以下、FDC)と、FDC 会員 213 団体が実施している「エール!FUKUOKA」に参画している、住友商事九州株式会社(本社:福岡市博多区、取締役社長:髙橋 和之、以下「住友商事九州」)と日本最大級のモビリティビジネス・プラットフォーム「SHOP STOP」を展開する株式会社Mellow (本社:東京都千代田区 代表:石澤 正芳、森口 拓也、以下「メロウ」)は、新型コロナウィルス感染対策支援プログラムの一環として、フードトラック事業者の出店支援を行います。
 「エール!FUKUOKA」の主旨にご賛同頂いている企業・団体が所有する空きスペースを、メロウのプラットフォームへ登録していただいたフードトラック事業者の皆様に、1 か月の間、無償で提供致します。

 新型コロナウィルスの影響で、オリンピックをはじめ多くのイベントが、延期や中止となっている昨今、フードトラック事業者の収益源のひとつであるイベントが開催されないことにより、多くの事業者がダメージを受け、販売の機会を失っています。こうした状況に置かれているフードトラック事業者の方々に対し、販売機会を創出し支援致します。
 出店にご協力いただく企業・団体および、それらの企業・団体に所属される従業員の皆様や、また来訪される方々へのテイクアウトを通じた支援となればと考えております。

■エール!FUKUOKAテイクアウト 第2弾 出店イメージ
今回出店計画を進めている場所は以下の通りです。

※出店日などの詳細については「SHOP STOP」アプリにてご確認いただけます。
http://onelink.to/ssdpr01



■出店希望飲食店の応募
本プロジェクトに参画を希望するフードトラック事業者様を応募しております。
8月11日(火)、12日(水)いずれかの説明会にお申し込み、ご参加いただくことで、応募が可能となります。応募の申込みフォームは以下のとおりです。
【応募フォーム】 https://airtable.com/shrJyeHsnbhPeDMOg

■エール!FUKUOKAテイクアウト 第1弾について
新型コロナウィルスの感染拡大防止に伴う緊急事態宣言を受け、営業自粛を余儀なくされていらっしゃる多くの飲食店様に対し、私たち「エール!FUKUOKA」では、ホームセンターのグッデイなどを展開する嘉穂無線ホールディングス(福岡市博多区/代表取締役社長 柳瀬隆志)と、ドラッグ新生堂・くすりのハッピー・調剤薬局を展開する新生堂薬局(福岡市南区/代表取締役社長兼CEO 水田怜)と協力し、5/11〜6/30の間、それぞれの店舗の敷地内にて、地元の飲食店事業者の方々にお弁当の販売を行いました。


■エール!FUKUOKAに関するお問い合わせ
https://yellfukuoka.com/
※こちらのフォームよりお問い合わせください。

ニュース一覧に戻る

お問い合わせ

ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ